スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シンガポールの母」天に召される。

2010年10月04日 12:28

シンガポール共和国建国から今日まで
この国の歴史を作り上げてきた最大のリーダー Lee Kuan Yew上級相の妻

Madam Kwa Geok Choo

先週末、89年の生涯を終え、天に召されました。



詳しい記事はこちら。

チャンネル・ニュースアジアより


寡黙で、温かなお人柄で多くの方に慕われた
シンガポールの母と称される存在の、ミセス・リーの旅立ちに際し
安らかな眠りにつかれますように
謹んで心よりお祈り申し上げます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日、10月4日月曜日、夕方5時まで
一般の方々のお悔やみの記帳を「イスタナ官邸」にて行っています。

明日の5日も、同様に官邸にてお通夜が行われ
6日には、親族のみでの最後のお別れとなるそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


国内外から多くのVIPが弔問に訪れますので
ドビ―ゴ―ト周辺は、一時的な道路封鎖や、交通規制が行われることが
予想されます。


外出の際は
是非、お時間に余裕を持って
お出かけ下さいね。



=fairy wish=noriko

サンタさん、どこにいますか?

2009年11月12日 13:26

今週は、爽やかな晴れ間が広がる毎日が続いている
シンガポールです。


先週末から、オーチャードロードやマリーナスクエアなど
街のあちこちで、クリスマスのライトアップが始まりました。


メルヘン調だった昨年に比べると
今年は少し大人っぽくなったようですよ。


Market+001_convert_20091112124648[1]


街の飾りに時期を合わせるように
ピアノのレッスンで伺う先では
少しずつ、クリスマスツリーを飾り始めるお宅が
増えてきました。



華やいだ気持ちの子供たちは
オーナメントを見せてくれたり
ライトを点灯させてくれたりと


とても嬉しそうです。


この時期、お母さまや
私からの働きかけがなくても
普段より、ちょっぴりピアノの練習に熱が入るお子さんが増えます。



サンタさんが見ているかも・・・



そんな気持ちが、子供たちの頑張りに
明るく、あたたかな光をともすようです。



Market+003_convert_20091112130615[1]


輝く瞳でクリスマスツリーを眺める
子供たちが


こっそりと小さな声で
サンタさんへ、リクエストする贈り物を
何に決めたか、耳打ちしてくれる時期も
もうすぐです。



サンタさん、見えていますか?



小さな南の国で子供たちは
普段より「もっといい子」になって


サンタさんが海を越えて
はるばる贈り物を届けに来てくれるのを心待ちにして
毎日を過ごしています。




生徒からの情報によると・・・


シンガポール近くに来ると
サンタさんはサーフィンに乗ってやってくる・・・



らしいですよ



12月1日よりNORADでは
サンタクロースの追跡が始まります!



「サンタさんは、今どこにいるの?」という
世界中の子供たちの問いかけに答え


毎年NORADスタッフが
総力を挙げて、ミッションを遂行しています。


クリスマスイブの夜からは
サンタさんのいる場所をリアルタイムで見ることができますよ

こちら




=fairy wish= noriko

観光の定番!オランウータンと朝食を

2009年10月22日 00:08

1973年の開園以来
世界でも類を見ないオープン・システムの動物園として
大変人気のあるシンガポール動物園。


檻や柵を使わず、地形を生かし
植物や水路で人と動物の境界線を作っているため
動物たちは自然により近い環境で
ゆったりと暮らしています。


たくさんの動物がいますが、中でも絶滅の危機に瀕している
オランウータンの飼育に力を入れています。




オランウータンを見ながら朝食を食べ、一緒に記念撮影を撮ることもできる・・・
そんな魅力的なイベントを毎朝実施しています。


「Ah Meng Restaurant」にてビュッフェスタイルの朝食です。
034_20091019132254.jpg



はじめはまだオランウータンは来ておらず、それまでは朝食を楽しみます。
私はシンプルなものをチョイス。
グァバジュースはネクターのように甘くて美味です
頼めばカヤトーストも作ってくれます。シンガポールらしい朝食ならこれで決まり!

003_20091019132354.jpg



しばらくすると、エサの準備が始まりました。
覗くと、フルーツの朝ごはんです。割と大きめにカットするのですね。

018_20091019132750.jpg

いよいよ登場かと思い注目していると・・・



木の蔓を伝ってオランウータンがやってきます!
隣りにあるオランウータンのエリアから渡ってくるのです。

004_20091019132633.jpg


レストランの座席のすぐそばまでやってきました。
飼育員がエサを与えると、一生懸命食べています。
013_20091019132656.jpg


オランウータンがいる前に立って記念撮影をすることができます。
触れるほど近いので、髪をひっぱられたりするかなと思いましたが
朝ごはんを食べていますし心配なさそうです


自分のカメラでも撮ってくれますし、カメラマンも撮ってくれます。
カメラマンの写真は後ほどお土産屋さんでUPされるので
見て気に入れば購入できますよ(日本の観覧車と同じシステムですね)


写真左のオランウータンはお母さんで、ただいま子育て真っ最中のようです。
赤ちゃんを抱いており、時折おっぱいを飲む姿も見られました。
生えたてのふわふわした髪の毛と大きな目が愛らしいです

019_20091019132734.jpg

他にもニシキヘビがいます。意外とかわいい顔をしていますよ。
私は抱っこして記念撮影をしました。バッグのような肌触りでしたよ!


レストランには家族連れの姿があり、お子さんの誕生日会をしていました。
オランウータンのすぐ近くの座席で、スタッフにバースデーソングを歌ってもらい
とても嬉しそうでした


オランウータンと朝食を食べるイベントについてはの動物園のサイトをご覧下さい。
電話予約もできますが、オンライン予約も手軽で便利です。
また、予約なしで朝食をとっている方もおりましたが、座席がオランウータンから
遠いので、予約していくことをおススメします。



もし朝食前に時間のある方は
ゾウの水浴びも是非、見学してみてくださいね。
(ゾウ乗り場付近で行っていますよ)



= fairy wish = melon




開発が進むセレタ地区、そしてナショナル・サービス

2009年10月20日 02:08

シンガポールは、この数年建設ラッシュで
シティエリアには、大きなショッピングセンターが続々とオープンし
古いビルは、新しいビルへと立て直され・・・


街は、大きく変貌を遂げつつあります。


カジノの建設も、だいぶ進んできました。



煌々と照らされた夜間の工事現場は
遅くまで働く、たくさんの人たちの姿を浮かび上がらせています。

明るく光るライトや、行き交うトラックを眺めていると
何だか少し、「工場萌え」に似た気分になってきます・・・



             



開発が進んでいるのは、シティだけではありません。

青く澄み渡った空が気持良く広がった週末

以前から気になっていた
セレタ地区を車で訪れてみました。



海を埋め立てて、どんどん造成された土地が広がっています。
とてもパワフルな勢いを感じる地域です。



Seleta+015_convert_20091019122411[1]


Seleta+019_convert_20091019124410[1]


Seleta+020_convert_20091019131534[1]


セレタ地区は、アーミーキャンプがあることで知られています。


シンガポールのナショナルサービスについて

すべてのシンガポール人男性、および永住者2世の男性には
18歳から約2年間、徴兵の義務があり
家族のもとを離れ、団体生活の中でトレーニングを積みます。


シンガポールの徴兵はナショナルサービスと呼ばれ
1971年12月、イギリス軍が撤退した後に結成されました。


徴兵検査は、17歳のときに行われ
海外留学など、特別な場合を除いて
延期、または猶予は認められていません。



他国の徴兵制度と異なる点は
軍以外の公共機関・・・警察や防衛隊、消防、救急などを選択することも
可能だということです。


トレーニング開始後は
まず主に射撃、野外工作、サバイバル、カモフラージュなどの
教育を受けます。


規定の期間のトレーニング終了後も
40歳前後まで1年に1回のトレーニングや
不定期な召集があり、対象者は数時間以内に
定められた装備を着用して、非常招集司令部に集合しなければなりません。


その際、召集の方法は主に
電話使用の「サイレント」と
テレビ、ラジオを使用した「オープン」です。


また、国を24時間以上離れる場合は
あらかじめ、知らせる義務があり
怠った場合は、シンガポール入国時に処罰の対象となります。



Seleta+022_convert_20091020014016[1]



社会に出る前の多感な時期に
厳しいトレーニングに明け暮れる日々を
ともに過ごした仲間たちは
特別な絆で結ばれるようで


トレーニングがすべて終了した後も
学校や職場の仲間たちには話せない深い話でも
腹を割って打ち明け合うような
強い連帯感が生まれるという話を
多くのシンガポール人男性が口にしています。






                  






まっすぐに続く、埋め立てられた車道を進み
ようやく、道のはじっこまでたどり着きました。



遠くに見えるのは、お隣の国
マレーシアです。


Seleta+017_convert_20091020021546[1]



非常に強い日差しの中
途中途中で、道路の掃き掃除をしている人達を見かけました。


気温は、余裕で30度を越しています。

積み上げられた土砂が、道路の脇に高く積まれ
砂埃が激しく舞っています。

じりじりと照りつける日差しを遮るものは、何一つありません。



さまざまな分野において
さまざまな人達の力に支えられ


シンガポールは力強く、今日も発展を続けています。


=fairy wish=noriko

ぺラナカンの食器を探して?Thow Kwang Industry

2009年10月16日 00:00

金珠 KIM CHOO でぺラナカンの茶器を購入した話を友人にしたところ

「陶器のアウトレットのようなお店があって、そこにぺラナカンの食器もたくさんあるよ!」
と嬉しい情報を教えてくれました。

エリアはジュロン ウェストです。
道路から奥まった場所にあるので、車で訪ねるといいと思います。
 
(タクシーの場合はドライバーが場所を知らないことが多いそうなので
説明できるよう、事前に調べておくといいでしょう)

私はタクシーで出かけたので、Pan-Island Expressway(PIE)のexit36で降りてもらい
「窯元ドラゴン」という日本語表示の立て看板を見つけてたどりつきました。



大きなスペースには、たくさんの陶器が所狭しと並んでいます。
特別な陶器好きではなくても、興奮してしまいます

008_20091012010244.jpg

通路には段差が多いので、足元に注意して歩いてくださいね。



様々な種類の陶器があり、ぺラナカンの陶器もその一部です。

010_20091012010259.jpg

ぺラナカンの食器はお椀やお皿、湯飲みや急須などのティーセットも豊富でした。
レンゲやスプーン、箸置きは、一つS$3と手頃な価格です



その他、別のエリアには、ぺラナカングッズを扱うお店などでよく見かける
取っ手のついた3段の入れ物や、ホーローの鍋もありました。



休憩できるスペースもあるので、じっくり選ぶことができます。
近くに水辺があり蚊が多かったので、蚊除け対策をしっかりしておくといいでしょう。

012_20091012010316.jpg



今回私が購入したものです

030_20091012010405.jpg

丸いお椀×4、小さなレンゲ×4、箸置き×4です。
後から、食器類の色を合わせればよかったかな?とも思ったのですが
カラフルな食器を眺めるのも楽しいので、良しとしました




以前記事にした金珠 KIM CHOO は
階下がレストランで、チマキやニョニャスイーツも購入でき
カトンエリアをお散歩する楽しみもあります。

観光を兼ねてなら金珠 KIM CHOO へ。
陶器好きの方ならThow Kwang Industryがいいのでしょうね



こちらは、本帰国時に、在星の記念として持ち帰る方が多い
陶器の象の置物が、お値段も手頃で種類も豊富に揃っていることでも有名です。

購入を迷っている方は、一度ゆっくり訪れてみるといいですね。


幸運を呼びこむと言われている象の置物ですが
鼻が上向きの象と、下向きの象をペアで揃えると最強だそうですよ。


日によって、在庫の数にかなり幅がありますので
お目当ての品が豊富にあるかどうか
あらかじめ、電話で確認を取ってから行くことをお勧めします。




Thow Kwang Industry Pte Ltd ( 陶光工芸有限公司)

(近くに「窯元ドラゴン」と日本語表示された立て看板があります)

85 Lorong Tawas (off Jalan Bahar)
Singapore 639823

TEL:6265 5808 / 6268 6121
FAX:6265 3811

9am to 5 pm daily



  = fairy wish = melon


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。