スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポールの内祝い?full month?

2009年02月11日 00:00

子供が産まれて、夫の会社の方からもお祝いを戴いたので
ふと「シンガポールではどんな内祝いをするのだろう?」と思い
シンガポール歴の長い友人に聞いてみました。


日本では、内祝い=お祝いを贈って下さった方へのお返し
という感じで、ごく親しい間でのやりとりといった印象ですよね。
(地域にもよるのでしょうが・・・)


シンガポールでは赤ちゃんが誕生して1ヶ月経った頃
盛大にお祝いをする風習があるようです。


それは、親類やごく親しい友人だけでなく、近所の人や会社の人など
大勢の人を自宅に招待し、赤ちゃんをお披露目するそうです。

(調べてみたら、昔は日本でも同じようにお祝いしていたようです)



「産後すぐで、夫婦2人でもてなすのは大変では?」と思ったら

内祝い用に、もてなし料理を配達してくれるケータリングがあるそうです。
実際、ほとんどの人が作らずにケータリングを利用しているとか・・・


 「大勢の人が来ても、イスやテーブルも少ないし・・・」との質問に

そういったケータリングの会社では、テーブルやイスのレンタルも
兼ねているところが多く、心配はいらないそうです。


赤ちゃんをお披露目して、お食事でもてなし、帰りにはお土産を渡す・・・
といった流れで、一日中人の出入りが多いとのこと。


産後、クリニックなどからもらった冊子などに、下の写真のような
お菓子のパンフレットがありませんでしたか?
023.jpg
私はこのお菓子、自分たちで食べるのかと思っていたのですが
これが、内祝いへ来て下さった方へのお土産なんですって

お菓子が丸い形なのはきっと、お月様に見立てているのでしょう。

店舗の多いお菓子屋さんのブンガワン・ソロでも
内祝い用のお菓子を作っているそうですよ。



シンガポールの内祝いを聞いて、わが家はどうしようかな?と
考えたのですが、今回は日本式でいくことにしました。


せっかくなのでシンガポール式でやってみようかと思ったのですが
準備期間もなく、気合もいりそうだったので・・・


もし今妊娠されていて、シンガポール式の内祝いを考えている方は
早めの準備をおすすめします

シンガポール式の内祝い・・・海外生活でのいい記念にもなりそうですよね



fairy wish = melon =








コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fairysingapore.blog8.fc2.com/tb.php/99-98374420
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。