スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じ曲・・・だけど?!

2012年04月18日 14:25

こんにちは。


新しい一週間がスタートして数日が経ちました


日本人小学校は、今週から本格的な新学期が始まっています。
学年が変わり、新しい先生、新しいクラスメートに囲まれ
新たな気持ちでの学校生活は
楽しさの中に緊張感も入り混じっていることでしょう。



n0819fd.jpg



体力的にも、精神的にも、負荷のかかるこの時期

しばらくの間は、ピアノレッスンは、必要に応じて
様子を見ながら、ペースを調整し
学校生活になじむことを優先させながら進めていきます。


学年末に、仲良しが本帰国して寂しい思いをした生徒さん達に
どうか、とびっきり素敵な出会いが訪れますように




n0663fl.jpg


さて
今日は久しぶりに音楽の話題。




クラッシックピアノとポピュラー、ジャズピアノの違いについて触れてみたいと思います。



ポピュラーピアノはクラッシックの奏法とは、フレーズの感じ方が
根本から全く異なるので
知らずに市販の譜面の通り、かっちりと弾いても


ん・・・・・何だかやぼったい


となりがち。


一番のポイントは、やはりビートです。


クラッシックの
ちっ・いっ・んっ・いっ


ポピュラーの

 に さ し


どちらを強く感じるかによってリズムは全く違うものになります。









ポピュラーやジャズをカッコ良く演奏するには
コ―ド理論やスケール、アレンジ、アドリブ法をマスターすることが必要ですが
手軽に市販の楽譜で、雰囲気だけ味わって楽しみたいな

そんなときは
裏拍(2、4拍目)を意識して、重めに



これだけでずいぶん変わってくると思いますので
是非試してみてくださいね。








今日の一曲は
面白いコラボレーションをお届けしましょう♪


久保田 利伸さんの名曲「Missing」をご本人と平井 堅さんが歌っています。
ギターは押尾 コータローさん。

音の綺麗さやテクニックは勿論のこと
2人の全く違うリズムの感じ方に、さりげなく合わせているところは
さすがです

柔和な笑顔のイメージの方ですが、演奏を終えてもなお
きりっとした表情を崩していない辺りに、緊張感を感じますよ。




noriko


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fairysingapore.blog8.fc2.com/tb.php/415-c1f4539d
    この記事へのトラックバック

    -

    管理人の承認後に表示されます



    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。