スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースの記事とのシンクロ。

2012年03月26日 00:02

こんにちは。


新しい一週間がスタートしました。
今週で3月も終わりですね。

この時期は、春休みを日本で過ごす生徒さんがある一方で
本帰国や別の国への異動で、お別れがあったり
新しい出会いなど、いつもより動きのあるシーズンです。


時々、ピアノレッスンに関してお問い合わせを頂戴するご父兄の中には
「日本に帰られた○○さんからのご紹介で・・・」と
仰って下さる方などもあり、びっくりすると同時に温かな気持ちに満たされます。


つい最近も、当時幼稚園児で
小さな手の甲にえくぼができていた、可愛らしい女の子が
今は高校生になり、すらっと背も伸びて、バスケの部活動に日々燃えている!という話を聞き
胸がじーんとしましたよ


たまにピアノを弾いてくれているかな・・・?
つき指しないでね
思う存分球技をするチャンスのなかった私の分まで頑張って


Japan+2009+022_convert_20120325172850[1]




先日、生徒さんのお母様の1人から
「先生はJOCのご出身なのですね」と言われ、大変驚きました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(以下、ヤマハ音楽振興会ホームページより抜粋)


ジュニアオリジナルコンサート(JOC)は、日本国内をはじめ世界各国のヤマハ音楽教室で学ぶ
15歳以下の子どもたちが、自分の心に感じたことを曲にし、自ら演奏するコンサートです。


JOCは、ヤマハ音楽教室の教育理念である「すべての人が持っている音楽性を育み
自ら音楽をつくり、演奏し、楽しむことのできる能力を育て、その音楽の歓びを広くわかちあう。」
ことの教育成果を表すものであり、子どもたちの無限の可能性を引き出し
その成長を促すための活動として展開しています。


また、世界各国から招待を受け「若き音楽親善大使」として
現地での音楽活動を通して、言葉を越えた国際交流を続けています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国内、海外での数々の演奏活動で、しっかりと私の中に根を張った
JOCの理念は、現在も変わらずに私の音楽への思いを形作る
大きく力強い柱となっています。



Thai+Thai+009_convert_20110901125711[1]


日本での音楽歴、職歴について、普段レッスンで話をする事はめったになく
自分でも忘れていたこともあるのですがそれらにも話が及んだため
共通の知り合いが見つかったんだ!
わぁなんてすごい偶然と思い
伺ってみると


いいえ、実は先生のお名前で検索させていただいたので


とのお返事が、満面の笑顔とともに


そうなの?
そんなことまでわかっちゃうの?


どうやら、時代は私の想像をはるかに超えて、進歩しているようです




Bukit+timah+006_convert_20110803211210[1]



たとえば広告などの経歴欄に「コンクール入賞」と特記してある場合は
大きな大会を意味するので、検索すれば、おのずとヒットするのでしょうし
リサイタル開催等の記載があっても、同様ですよね。



私の場合は、基本的に、ご紹介の生徒さんが中心ですが
実力や方針などを、単に宣伝文句や話などからの情報だけで判断せず
他の面からも確認していただくと、より安心する気がします。


今の時代、それがこんな形で簡単にできるなんて!
素晴らしいなぁ、と感じました。





今回改めて、これからの将来を担うお子さんたちを導き
支える大人の1人として、音楽という形で携わっている自分自身の立場と責任を
強く実感しましたし


真剣に考えてくださっている熱意が伝わり
とても嬉しく思いましたよ



001_convert_20110905014030[1]


なるほど

と、ひとしきり感心していたのですが
昨日偶然「検索」にまつわるニュースを目にして
タイミングの良いシンクロに驚きつつ
別の意外な側面もあると知りました。。。(ニュース内容は、最後に追記として貼っています)


難しい~
その一言に尽きるのかも知れませんが
判断を投げ出して誰かに甘えたり、目を逸らして逃げている訳にもいかないですよね(笑)


安易に鵜呑みにせず
流されず
惑わされず


情報が手軽に入手でき、時に煩雑に、氾濫しているからこそ
普段の生活の中で一人一人が、それぞれにとっての
「本物」や「本質」を「責任を持って選択」する「自分だけの物差し」を
試行錯誤を繰り返しつつ、確立していくことが求められる・・・そんな時代の到来を感じています。


情報の「断捨離」とでもいうのでしょうか。



shopping_2_p2_20120325173215.jpg


だいぶ気温が上昇し、時折雨が降っても蒸し暑い日が続いていますが
新しい1週間も、どうぞ元気にお過ごし下さいね


noriko
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆追記☆
以下、msnニュースより。
長くなりますので、興味のある方は
読んでみてくださいね。




インターネットの大手検索サイト「グーグル」で
プライバシーを侵害する予測検索結果が表示され名誉を傷つけられたとして
日本人男性が米国のグーグル本社に表示の差し止めを求める仮処分申請を行い
東京地裁(作田寛之裁判官)が申請を認める決定をしたことが25日、分かった。



 男性の代理人によると、予測検索表示の差し止めが認められるのは初めて。
決定は19日付で、男性側は22日までに表示を削除するよう求めたが
米グーグル側は対応していないという。



 問題となったのは、検索単語を入力しようとすると
関連性の高い別の単語が表示される「サジェスト(連想)機能」。

男性の代理人によると、数年前から男性が犯罪行為に関与したとする中傷記事が
ネット上に掲載されるとともに、検索サイトで男性の名前を入力すると
犯罪行為が関連検索候補として表示されるようになった。


以降、会社で退職に追い込まれたり、再就職の際にネット情報に言及され
内定を取り消される事態が続いたという。


 男性はサイト管理者に記事の削除などを求める訴訟を起こし
請求が認められたケースもあった。
しかし、すでに中傷記事が1万件以上拡散しているとみられ
個別対応が事実上不可能になっていることから、今回の申請に踏み切った。


 米グーグルは「単語の併記のみをもってプライバシー侵害にはあたらない」とし
差し止めについても「米国法で違法が認められなければ執行できない」と主張しているという。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fairysingapore.blog8.fc2.com/tb.php/407-05d63fef
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。