スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出しています。

2012年03月12日 01:16

こんばんは。


シンガポールは、強い日差しのあと急にスコ―ルがあったりと
南国らしい、メリハリあるお天気の最近です。


さて
昨日、あの震災から一年を迎え
一年前の時を静かに思いだしています。



2010MAY+032_convert_20100903143747[1]



金曜日
いつものように午後仕事に向かう途中
携帯に夫から連絡があり、状況を知りました。

「とても大きいらしい、大変らしい」と。


神戸の時は、早朝の母からの電話で知りました。

「神戸が大変」と。


シンガポールに住んで今年で20年。
急な報せで離れている
愛する家族の突然の悲しく辛い出来事を知り・・・


頭の中が真っ白になり、体中の力が抜けていく。
そんな瞬間を、何度か体験してきました。



Japan+2009+001_convert_20090730003535[1]



感情に溺れる暇もなく
一刻を争い、準備をして一番の飛行機に乗る。
機上の時間の長さが恨めしく感じた、あの時。


そんなときでも

日本の土地へ着いたなら

私の国は
私のふるさとは


私を優しく迎え入れてくれる
ほっとする懐かしさに包まれる


そんな気持ちに支えられて、日々生きています。


2008+year+end+002_convert_20090418130713[1]



どんなにこちらの暮らしが長くなろうとも
慣れ親しんでいったとしても

私の身体の中に脈々と流れ続ける熱い血は
誰が何と言おうと、変わらずに日本人のまま。


だから


自分ができることを
自分なりに粛々と継続していくことは
誰かのためではなく自分のため。


自分の国のため。




海外にいるからでしょうか。
どこの地域、ということは関係なく
「日本」というひとくくりで
いつも自分の国を感じています。


小さな国に生まれ育ち
その距離感が具体的にイメージできない夫は
なおさらのこと。


1359_100403_m.jpg



昨日も、普段通り淡々と
朝、両親の写真の前のお水を取り換え
お香に火を灯し、お経をあげました。


両親に話しかけました。


「ほんの少し先輩として、迷わずに光の道に進むことが
できるように、みなさんを導いてね」


大したことが何もできず、はがゆさを感じている私に代わって
きっと忙しく動き回っていることでしょう。


397336547_167s_20120312011428.jpg


震災直後は、何かをしなくてはいけない!という強い思いに突き動かされ
仲間と協力し、チャリティコンサートを実施。
多くのシンガポール人の方達を中心に、多大なるご支援をいただき
まとまった額の義捐金を送ることができました。
大変ありがたいことです。


これからも地道に背伸びせず、地に足をつけ
できることでの行動を静かに続けていきます。


Japan,Hokkaido+tour+MayJuly+2010+044_convert_20100829230228[1]



最後に


大きな震災で
多くの方達が
空へと旅立たれたことに思いを寄せると同時に



私達のいる
この広い地球に目を向けて



毎日、それぞれの
違う時間が
この世界には同時に流れていて



今、この瞬間においても
どこかでは新しい命が芽生え

どこかでは尊い一つの命が
まさに、旅立とうとしている



それぞれの人生の、たった一つの特別なストーリーが
そっと、そこでは紡がれている



そんなことを
いつも忘れずに胸の中に感じていけたらと
思っています。



KAYA+JAM+SOAP+058_convert_20110809220021[1]


noriko


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。