スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丘の上のスパイス王の豪邸が、イタリアンレストランとして復活!

2012年03月19日 00:05

こんにちは。


シンガポールは、だんだん暑さが増してきましたね。
日本は、花粉症の人にとっては厳しいシーズンを迎えているようですが
春が着々と近づいている気配のようです。


桜の便りが楽しみですね


1359_100403_m_20120318133432.jpg


日系幼稚園、小学校が春休みを迎え
一時帰国の生徒さんもちらほら。
例年少しスケジュールに余裕の生まれるこの時期
リクエストされた曲の楽譜作成などをのんびりとこなす週末でした。


NHKの連続ドラマ「カーネーション」の主題歌や、ポケモン、レディガガの
リクエストをもらっていますよ
市販の楽譜は手軽で重宝ですが、レベルに合ったものを探すのが困難ですし
一冊購入すると、時に興味のない曲も混じっていたりするので無駄になることも・・・


shiretoko2011+020_convert_20110701131002[1]


一人一人の顔を思い浮かべながら、楽しんでオーダーメイドの楽譜を作成中
モチベーションが、さらにアップしてくれると嬉しいな



さて今日は


ロマンティックな雰囲気満点丘の上の白亜の邸宅のイタリアンレストランをご紹介しますね。



ALKAFF MANSION

19 Telok Blangah Green
Tel 6510-3069
9229-8805 (General Manager Mr.Gabriele)


スパイスやコーヒー、砂糖などの貿易で財を築いた
アルカフ・ファミリーの別宅として1920年代に建てられた
コロニアル様式の瀟洒な邸宅は、2003年までは、ローカル料理中心の食事を提供する
レストランでしたが、その後数年の間、営業を停止していました。




2010年に入札があり
このたび、おしゃれなイタリアンレストランとしてリニューアル
早くも、注目を浴びています。


417036_391150787578152_169799333046633_1545231_298961955_a.jpg


先日、お世話になった方を伴って、何年かぶりにディナーに訪れたのですが
平日の夜にも関わらず満席状態
華やいだ雰囲気に満ちていましたよ。



まだ、知られていないのでしょうか。
日本人の方は皆無でした。
さりげないサービスも心地よく、メニューにはないリクエストにも快く応じてくれて
素敵な時間を過ごすことができ、同伴した方からも
「シンガポールではないみたい!」と、非日常感を満喫していただけたようで
良かったです


不便な場所なので足の確保が必須ですが
セットメニューもありますので
周りの景色を楽しみながら、ゆったりとランチや
週末のブランチもいいですね。



メニューやお食事の写真など詳しくは、お店のface bookのページへどうぞ。

こちら


425723_398960390130525_169799333046633_1569367_1226157014_a.jpg




かわいらしい中庭では、ハッピーアワーも
丘の上の爽やかな風に吹かれながらグラスを傾けつつ
時間から解放されて気ままな会話を楽しむひととき・・・

慌ただしく仕事を終えた後の・・・南国暮らしならではの贅沢です



             



さて今日の一曲は
懐かしい映像とともに
シンガポールのマルチ・アーティスト、Dick Leeの曲から♪


当時のアルカフマンションを知る日本人は
今ではとても少なくなってしまったけれど


不思議なもので、最近新しく知り合う方は
シンガポール在住歴が二ケタや、それに迫る方たちが多く

前にどこかできっとすれ違っていたわよねという
会話が頻繁に・・・(笑)

ご縁ってホントに面白いですね。







それでは
みなさま、今週も笑顔いっぱいの
元気な日々をお過ごし下さい


noriko


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fairysingapore.blog8.fc2.com/tb.php/400-a826bdc6
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。