スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆっくり歩もう。

2011年08月22日 14:25

こんにちは。
お元気ですか?



日本は、この数日急に涼しさを増したと聞きます。
シンガポールは時折スコールがあるものの
連日朝から気温の高い日が続いていますね。



日本の最も暑い盛りの状況を、よく知らない夫は
「最近、太陽は怒っているみたい!溶けてしまいそう・・・」笑
などと冗談を言っていますけれど


四季のある日本の夏の方が
凝縮した暑さが集中的に続き、容赦ないですよね


KL+007_convert_20110822132755[1]




さて、今日はピアノレッスンの話です。



どんなお稽古ごとでも
結果を急がず、緩やかな気持ちを持続させることは
上達の早道だと感じています。



日々淡々と・・・というのは
とても忍耐が必要ですが
熟すのには、何でも時間が必要ですものね



例えば、お花だったらどうでしょう・・・



「借りぐらしのアリエッティ」の小人を探したくなるような森です
Japan,Hokkaido+tour+MayJuly+2010+045_convert_20110822134610[1]


毎日、水やりをしたり世話をして
気長に花が咲く日を楽しみに待つように


上達の過程で、たとえ気になることがあっても
過度に心配し過ぎず、不安を募らせたりせず
疑わずに、綺麗な花に出会える日を信じて進んでいくことで
望んだ結果が訪れると思っています。



また、指導する立場としては
突き詰め過ぎないということを
一つのアドバイスとして伝えることがあります。


スランプに陥ると
時に

この教本でいいのだろうか?
この楽器でいいのだろうか?
この曜日、時間帯でいいのだろうか?
果たして、本当にピアノでいいのだろうか?


そんな思いが駆け巡ってしまうことも・・・


しかしネガティブな疑問の渦の中では
練習に集中もしづらくなり悪循環ですよね



最終的には
保護者の方と生徒さん、そして指導者の信頼関係に尽きると思うのですが
私の場合、良好なコミュニケーションを築くことができていて
恵まれた環境にいることに、心から感謝しています



           



なかなかできない!
そういう時は、本人も周りも辛いけれど
外からは見えていないけれど、あ!芽生えはもうすぐだ
指導していると、それを実感する時が頻繁にありますよ。



さて、今日の一曲は、美しいメロディと詩、爽やかなルックスで人気の
梁 静茹(フィッシュ・レオン)の曲から

実は・・・昨日は誕生日だったのですけれど・・・
自分のお祝い、というよりも
周りの人達への「ありがとう」を改めて強く感じた一日でした。


そんな気持ちにぴったりな曲です。



どうぞ、素敵な一週間をお過ごし下さいね





noriko


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。