スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローカルフィッシュを和風の煮付けに。

2011年08月12日 12:25

時には、喧騒を避け
ゆったりと家で食事をしたい時があります。



先日は、ローカルフィッシュ、BATANGを
シンプルに煮付けにしました。




なかなか訪れる機会のない、ウエストエリア。
見晴らしが良かったので記念に一枚もうしばらくするとチャイニーズガーデンは
ランタンフェスティバルで賑わいます。

Tiger+Beer+008_convert_20110812130213[1]




BATANG(鰆・サワラ)は、白身で柔らかく、上品な味。
油分に含まれている「グリセリド」の成分により、甘みと旨みがあります。
クセがないうえ身もほぐれやすく、小骨もないので、お子さんにもいいですね。



九谷のお皿は、10年ほど前の一時帰国の際、金沢で求めた思い出の品。
絵柄や色遣いは伝統を継承しつつも、モダンさを感じて一目ぼれしました


NDP2011+001_convert_20110812131438[1]


作りやすい分量をご紹介しますね。


二切れ分です。


・水            お米の計量カップ一杯弱
・酒、みりん、さとう    大さじ2
・しょうゆ         大さじ3
・しょうが薄切り      4~5枚



白砂糖は、身体を冷やすと聞いて以来、料理には
もっぱら、てんさい糖を使っています。


とんがらず、まろやかな甘さに仕上がります。
日系のスーパーで購入できますよ。
yuukiya0097_s-a-450003-1.jpg



醤油はこちら。


            100030_1.gif


今までは、一時帰国の時に持ち帰っていましたが
最近スタートした、ダイエーの海外向けネットスーパーで購入すると直接発送してくれるので
大変重宝しています。


こちら


調味料を変えるだけで、ぐんと料理の味が引き立ってくるように感じます。
特に、醤油は違いが分かり易いですね。

私の場合、アミノ酸など、化学調味料を取り過ぎると
アレルギーなのか、顔に湿疹が出たり、時には頭痛が起こったり、目が腫れたりするので
気をつけるようにしています。




         




日本は今、お盆休みの真っ只中。
うだるような暑さは、夜も続いていると聞きます。


シンガポールも、相変わらず太陽が燦々と照りつけていますが
建物内は、凍えるような寒さのことも・・・


体調に気をつけて
どうぞ、楽しい週末をお過ごし下さいね



noriko


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。