スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤く染まるシンガポールシティ。

2011年08月09日 21:25

シンガポールは今日、46回目の独立記念日を迎えました。



私がこの日を、この国で迎えたのは、今年で19回目ですが
お正月よりも強く、自分自身の中で1年の節目を感じる1日です。



NDP2011+005_convert_20110809213844[1]


何度か仕事や観光で訪れたのち、自分で望んで来たものの
住んでみると、全く違うさまざまな事柄に
驚き、とまどいながらも、ただ、がむしゃらに前へと進んだ日々。



いろいろな人達に助けられながら
今、今年もこうして、つつがなくこの日を迎えられることに
心から感謝の気持ちでいっぱいです。



         



私が来星した頃は、まだ携帯電話もなく
パソコンも普及していない時代・・・


友達を作る術もなく、半年ほどは、日本人の知り合いは、いませんでした。


やがて知り合った、職場の先輩女性には
とても良くしていただいて、時には、ご馳走になることも・・・


恐縮する私に
「のりこちゃん、私にお返しはいいの。これから知り合う新しく来る人達の
面倒を見てあげてちょうだいね」


その言葉は、今でも心に深く沁みています。
いつか、そのような人になれることを目標に、歩んできました。



KAYA+JAM+SOAP+058_convert_20110809220021[1]



最近は、時代も変化し
知り合う方法や、付き合いのスタイルや嗜好も様変わりして
自分の好きな選択ができるようになり、本当に便利になりましたね。


誰かの世話にならなくても、さまざまな方法で
情報を得ることもできます。




日本語で話す相手が誰もいなかった頃、へこみそうになったとき
50ドルでテレフォンカードを買って
夜、公衆電話から母に電話をしていました。



ちょっぴり愚痴を聞いてもらうつもりでいても
声を聞いたらいつも「大丈夫だよ、心配ないよ元気だよ」と、つい答えてしまって。。。笑


「いつでも帰ってきていいのよ」と言われると
いつも、まだまだ、もっと頑張れる!と勇気が出たものです。



あの頃の気持ちを
ずっと忘れずに。


そして、異国であるこの土地の空気を吸い
水を飲み、こうして住んでいることへの
感謝をいつも胸に留めて


明日からまた、新しい一歩を
踏み出して行こうと思います。


今日の一曲は
1999年の、ナショナルデー公式ソング「Together」を


シンガポールを訪れていた両親と弟家族と一緒に
家から花火を見たとき流れていた、思い出の曲です。







noriko


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。