スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポールの小さなピアニストちゃん Vol.4 ~ゆまちゃん~

2011年07月18日 07:25

こんにちは。


相変わらずの暑い日々ですね
いかがお過ごしですか?



さて、今日は
ピアノレッスンで、日々頑張っている生徒さん達の様子を
お伝えするシリーズです。



2011+July+029_convert_20110717140711[1]



第4回目。


来月4歳のお誕生日を迎える
ゆまちゃんのご紹介です



2011+July+piano+009_convert_20110717141458[1]



年齢を考慮し
レッスンには、音符のカードを使ったり
歌やリトミックの要素を取り入れたりと
鍵盤に触れる以外の時間も大切にしています。



最近、特にやる気が、ぐんぐんアップしてきたのは
やはり、今年妹ちゃんが誕生した影響も大きいのかな・・・?


お歌の時間は、妹のえまちゃん
お母さんに抱っこされての参加
楽しそうな笑い声が、お部屋いっぱいに広がります



大切なお友達たち残念ながらブレてしまいました・・・プーさんのお膝のアリエール、見えますか?
2011+July+piano+012_convert_20110717144031[1]



時に、本当はもっと頑張ることができるけれど・・・
というタイミングで、あえて一歩手前で終えることで
次回への意欲が、より増すことがあります。



大人でもそうですが
いつも、ぎりぎりの限界まで、きっちりと頑張らないと・・・と思うと
余裕のない時、レッスンそのものが、辛くなってしまうことも
ありますよね



上手に、気持ちの力が抜けていると
新しいことや、難しいことへのチャレンジが
思いがけずスムーズに進み、楽しい流れに自然と乗ることができる



そんなことを、ゆまちゃんのレッスンを通して
改めて実感している昨今です。




2011+July+piano+010_convert_20110717150218[1]



ピアノのテキストは、年々新しいものが出版され
初心者に対してのアプローチ方法も多種多様で
昔のように、画一ではありません。


個人的には、上達への道筋は一つではなく
人の数だけあると考えますので、個人レッスンの利点を生かして
テキストの選択に関しても、レッスン内容同様に
年齢や、適正、時代に応じて随時使い分けています。



ひらがなを覚えたゆまちゃん
弾きながらドレミで歌ったり、お歌を一緒に歌ったり・・・



これはりんご?
トマト?
たまねぎってどれ?



そんなやり取りも、心弾む時間です



2011+July+piano+011_convert_20110717151445[1]




覚えているかな・・・?

お父さまの弾く
「エリーゼのために」の最初のフレーズを覚えて聴かせてくれた時
見よう見まねで・・・
足を精一杯延ばして、ペダルも踏んでいたよね



2011+July+017_convert_20110717155025[1]




早く両手を使って弾きたいね。
とても楽しみにしていますよ



noriko


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。