スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新ニュースから!・・・地球を代表して宇宙人と最初に接触する人物を国連が決定。

2010年10月01日 12:25

空想やSFファンタジー
また、スピリチュアルな世界では頻繁に語られる
地球以外の場所に住む生命体。



もしかしたら近い将来
その存在が明らかになり
私たちも現実に、その姿を目にする瞬間が来るのかも知れません。


本当・・・?


真偽のほどはともかく
衝撃的なニュースが発表されました。
みなさんとシェアさせていただきたいと思います。




2010年 9月 30日のmsnニュース・トピックスより。
謹んで抜粋させていただきます。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブラジルでは捕獲された宇宙人のリアル動画が話題となっているが
それとは別に世界機関の『国連』が
このほど宇宙人に関して重大な取り決めを行った。



それは


もし宇宙人が人類と接触を求めた場合に、国連が対応するというもの。
そして宇宙人と最初に接触する人物として
国連宇宙空間事務所(UNOOSA)の代表が任命されることが明らかになった。




最近、世界中でUFOの目撃情報が多発している。



ある天文学者は25年以内に
宇宙人が姿をあらわすと予測しており
理論物理学者のスティーブン・ホーキング博士も


「もし宇宙人に遭遇しても絶対に接触しないように」と注意を促しているほどだ。




これらを受けて
国連も宇宙人が訪れるその日のために
着々と準備を進めているという。




宇宙人との接触役を任命されるのは
UNOOSAの代表マズラン・オスマン氏(58歳)だ。

彼女はマレーシアの天文学の権威で
来週イギリスで開かれる科学会議において
彼女の果たす役割と可能性について説明される予定だ。



彼女は会議で
「以前にも増して地球外生命体が接触してくる可能性が高まっていること」と
「もしも接触があった場合に、国連が人類を代表して返答する義務があること」を説明する。


しかし、実際に地球外生命体が人類と接触してくる場合
地球に到達する前に、光や電波を使って
何らかのシグナルを送ってくるのではないか、とも予想されている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もし、現実となった場合
言語によるコミュニケーションが不可能な中
どのような手段で交信を試みるのか、興味深いです。


いずれにしても
同じ生命体として、お互いを尊重し助け合い
未来への命をつなぐため、更により良い環境を創造していく
友好な関係を築く歴史的な一歩となるように・・・と心から思います。




そして、
コミュニケーションを助ける手段の一つとして
音楽が貢献できるとしたら、音に携わる人間の一員として
こんな喜ばしいことはありません



今日は
「聖なる歌声」と称される
kannaの歌う「Wing to fly?翼をください」をご紹介します。


美しい空の映像とともに
心洗われるような澄んだ歌声が
まっすぐ届きますように






ランキングに参加しています。
応援のクリック、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村


=fairy wish= noriko


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。