スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華流はいかがですか?

2010年09月18日 03:29

仕事帰りに
hmvへ足を延ばしてきました。


お目当ては、台湾の歌手
Jeff Chang(張 信哲)のニューアルバムです

56024132_91s.jpg



先月、シンガポールで2年ぶりのコンサートが大成功し
只今、ワールドツアーの真っ最中です。

「バラードの王子」の異名を持つ彼ですが
今年は、歌手生活20周年の年でもあり
思い入れもひとしおのようです。


ハイトーンの美しい歌声は健在
華流ミュージックビギナーにも、お勧めの一枚です♪



       




私は、中国語を流暢に話したり
すべての言葉を理解する訳ではありませんので
歌を聞きながら、知らない言葉を調べたり
意味を周りの知人に尋ねたりしながら
少しずつ、語彙を広げています。


リラックスして音楽を聞くとき
時によって
日本語の歌ですと、歌詞がストレートに入ってきて
つい感じ過ぎてしまい、ヘビーな時があるので・・・
英語の歌や、中国語の歌の方が
メロディ重視で聞いたり、気持ちの「隙間」が心地よい場合があり


何と言っているのかしら・・・?
と、疑問に思うのも、楽しみの一つだったりします。



華流の音楽は
シンガポールでは、大変身近です。



例えば、タクシーの中や
お店の中で、ふと耳にした歌が気になったら・・・
思いきって尋ねてみてはいかがですか?


もしかしたら
それが、忘れられない一曲との出会いを運んでくれる
きっかけになるかも知れませんよ


350639778_239s_20100918031745.jpg



私は、よく行くブティックで
光良の「童話」という、素晴らしい曲と出会いました。


この曲は、四川大地震の時
数日後に奇跡的に救出された中学校の生徒たちが
救助を待つ間、みんなで歌って
お互いを励ましあっていたことでも
話題になった曲です。



            


今回、張 信哲のアルバムは
シンガポール人の女性シンガー OLIVIA Ong
デュエットしている曲があることでも、注目を浴びています。


OLIVIAは、数年前シンガポールに
大旋風を巻き起こしたドラマ「リトル・ニョニャ」の主題歌を歌ったことでも有名ですね。

あのドラマ以降しばらく、在星日本人の間でも
ペラナカンの文化やニョニャ料理、ファッションなどがブームになりました。


今日は、OLIVIAの歌う
「スイート・メモリーズ」をご紹介しますね。


オリジナルとの違いを
是非楽しんでみて下さい







どうぞ素敵な週末を、お過ごし下さいね



ランキングに参加しています。
応援のクリック、よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村


=fairy wish= noriko


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。