スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本場Klangの味 ?新興肉骨茶?

2009年12月13日 23:08

肉骨茶・・・と書いて
バ・ク・テーと読みます。


シンガポールのローカルフードの中でも
とりわけ、日本人の味覚に合うお料理の一つとして親しまれていますね。



漢方のスープの中に
じっくり煮込んだスペアリブが入っていて
食べたあとは、元気いっぱい!



           



シンガポールでは
潮州風の胡椒を利かせたクリアスープも人気ですが

肉骨茶発祥の地、と言われている
マレーシアの「Klang」では
福建風の茶色いスープが一般的。



今日は伝統のお味を忠実に継承しつつも
工夫を凝らした具で
人気のショップをご紹介します。



場所は
歴史あるローカルフードの名店が連なる


Joo Chiat Road


新興肉骨茶

439 Joo Chiat Road
Tel 6345-8754



ここのお店のスペシャル肉骨茶は
マッシュルームや湯葉などが入って、具だくさんです


アツアツのまま土鍋で運ばれてきて
すぐに撮影したのですが
見事に写真が曇ってしまいましたね  笑



2009Dec+009_convert_20091213213130[1]



さて続いては
ドライタイプの、もつ煮込みです。


右後ろに移っているのは
ヤムいもの炊き込みご飯。


やさしいお味です。




2009Dec+035_convert_20091213214533[1]



一緒に行った友人いわく
「ラーメンにしても、おいしそうだね」



さすが!
お料理好きの人にとっては、お食事を楽しみながらも
いろいろなアイディアが、豊富に膨らむ
深みのあるスープなのだそうです。




機会があったら是非
マレーシア、Klangの肉骨茶も試してみて下さいね。





クアラルンプールに近い
港町、Klangで
港で力仕事に従事する人達の、朝ごはんとして広まったと言われる肉骨茶。



私は一度、マレーシアンの友人と訪れたことがあるのですが
発祥の地において歴史に思いを馳せながら
味わってみるのも、また違った発見があり、楽しいですよ



楊氏肉骨茶


Banguan Persatuan Hokkien Jalan Tiga Lama
41300 Klang Serangor Malaysia





次回は、Joo Chiatで話題の
可愛いケーキ屋さんのご紹介に続きます。




2009Dec+010_convert_20091213220219[1]



=fairy wish= noriko


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。