スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開発が進むセレタ地区、そしてナショナル・サービス

2009年10月20日 02:08

シンガポールは、この数年建設ラッシュで
シティエリアには、大きなショッピングセンターが続々とオープンし
古いビルは、新しいビルへと立て直され・・・


街は、大きく変貌を遂げつつあります。


カジノの建設も、だいぶ進んできました。



煌々と照らされた夜間の工事現場は
遅くまで働く、たくさんの人たちの姿を浮かび上がらせています。

明るく光るライトや、行き交うトラックを眺めていると
何だか少し、「工場萌え」に似た気分になってきます・・・



             



開発が進んでいるのは、シティだけではありません。

青く澄み渡った空が気持良く広がった週末

以前から気になっていた
セレタ地区を車で訪れてみました。



海を埋め立てて、どんどん造成された土地が広がっています。
とてもパワフルな勢いを感じる地域です。



Seleta+015_convert_20091019122411[1]


Seleta+019_convert_20091019124410[1]


Seleta+020_convert_20091019131534[1]


セレタ地区は、アーミーキャンプがあることで知られています。


シンガポールのナショナルサービスについて

すべてのシンガポール人男性、および永住者2世の男性には
18歳から約2年間、徴兵の義務があり
家族のもとを離れ、団体生活の中でトレーニングを積みます。


シンガポールの徴兵はナショナルサービスと呼ばれ
1971年12月、イギリス軍が撤退した後に結成されました。


徴兵検査は、17歳のときに行われ
海外留学など、特別な場合を除いて
延期、または猶予は認められていません。



他国の徴兵制度と異なる点は
軍以外の公共機関・・・警察や防衛隊、消防、救急などを選択することも
可能だということです。


トレーニング開始後は
まず主に射撃、野外工作、サバイバル、カモフラージュなどの
教育を受けます。


規定の期間のトレーニング終了後も
40歳前後まで1年に1回のトレーニングや
不定期な召集があり、対象者は数時間以内に
定められた装備を着用して、非常招集司令部に集合しなければなりません。


その際、召集の方法は主に
電話使用の「サイレント」と
テレビ、ラジオを使用した「オープン」です。


また、国を24時間以上離れる場合は
あらかじめ、知らせる義務があり
怠った場合は、シンガポール入国時に処罰の対象となります。



Seleta+022_convert_20091020014016[1]



社会に出る前の多感な時期に
厳しいトレーニングに明け暮れる日々を
ともに過ごした仲間たちは
特別な絆で結ばれるようで


トレーニングがすべて終了した後も
学校や職場の仲間たちには話せない深い話でも
腹を割って打ち明け合うような
強い連帯感が生まれるという話を
多くのシンガポール人男性が口にしています。






                  






まっすぐに続く、埋め立てられた車道を進み
ようやく、道のはじっこまでたどり着きました。



遠くに見えるのは、お隣の国
マレーシアです。


Seleta+017_convert_20091020021546[1]



非常に強い日差しの中
途中途中で、道路の掃き掃除をしている人達を見かけました。


気温は、余裕で30度を越しています。

積み上げられた土砂が、道路の脇に高く積まれ
砂埃が激しく舞っています。

じりじりと照りつける日差しを遮るものは、何一つありません。



さまざまな分野において
さまざまな人達の力に支えられ


シンガポールは力強く、今日も発展を続けています。


=fairy wish=noriko


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。