スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルチ国家の文化の共演の中で?中秋節物語?

2009年09月28日 01:08

複合民族国家シンガポールでは現在
年間を通して、最も人種ごとの文化の違いにより
生活の違いがはっきりと分かれる
とても興味深いシーズンを迎えています。




ハイビスカス
ハイビスカス posted by (C)isoiso




マレー系の人達は
先頃、断食明けのお祝いハリ・ラヤ・プアサを迎え
週末を中心に晴れ着をまとっての親戚や友人宅への訪問が続いており
お祝いムード継続中です。



インド系の人達は
早くも、光の祭典ディーパ・バリの準備に
入っている家庭もあるようですし(今年は10月17日)


通称「リトル・インディア」と呼ばれるセラングーンロードでは
すでに一部、ライトアップが始まっています。




そして
人口の一番多い中華系の人達は今
中秋節を目前に(今年は10月3日)
月餅(ムーンケーキ)の選別に余念がありません。



今年着目しているムーンケーキの記事は
こちら



月餅の歴史

古代中国では皇帝が
春分の日は太陽を、秋分の日には月を拝む
風習があったそうです。


実りの道
実りの道 posted by (C)タシデレ




農耕民族であった、古代中国の人達にとって
秋は収穫の時期


恵みをもたらしてくれた自然の神に感謝を捧げると同時に
収穫の喜びを込めて
秋雨によって空気が澄み、大変美しく輝く月へ
祈りを捧げていた風習が


やがて時代の経過とともに
宗教的な意味合いが薄れ


美しい月を愛でる祭りへと、変化したと言われています。


歴史に貢献した、月餅


14世紀半ば
当時、中国を統治していたモンゴル王朝を倒そうとした
漢民族が、挙兵の日を書いた密書を月餅の中に隠し
見方に配り、一斉蜂起を果たした
という話は、あまりにも有名ですね。



まるい関係への思いを託して


月餅は
非常に縁起の良い食べ物と言われています。


丸い形は、家族の団欒を意味し
縁起ものを家族で分け合って少しずつ食べるということに
大変深い意味があります。



遠く離れて暮らす家族の分も切り分けて
思いを馳せるのだそうです。


離れていても心を寄り添わせ、仲良くという願いが
込められているのですね



たくさんの優しさ‥♪
たくさんの優しさ‥♪ posted by (C)runrun



月餅を、親しい友人やお世話になってる方への
感謝を込めてお贈りすることも
さかんに行われています。



円いご縁が永遠に続きますようにとの
願いを託しています。





名月と満月


御存じでしょうか?


中秋の名月は、満月とは限りません。



月光浴
月光浴 posted by (C)koro


旧暦の8月15日にあたる日が
暦では、秋のちょうど真ん中になるため
「中秋節」と呼び(十五夜)

その日は、満月に近いため
限りなく丸い月が見えるということなのです。



今年の「中秋節」は10月3日
満月は翌日10月4日です。



このところ過去数年は、今年も含め
中秋節は、満月の日の直前
という年が続いています。


何でもそうですが
満ちる直前のパワーが最大だと言われます。



6:28
6:28 posted by (C)むらさき


私も今年の中秋節は
降り注ぐ月のパワーを浴びながら

心静かに海の向こうの家族や
大切な人達のことを思いながら


ゆったりとした時を過ごしたいと思っています。


忘れずにお気に入りのムーンケーキの
御供えもして・・・



=fairy wish= noriko


コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  2. noriko | URL | -

    Re: Re: マルチ国家の文化の共演の中で~中秋節物語~

    かずさん、
    御丁寧なコメント、どうもありがとうございます。


    手作りの月餅ですか・・・
    おいしそうですね!しかし大変手間がかかりそうですので
    私は嫁の立場ですが、挑戦する勇気はありません  笑

    科学の進歩によって
    宇宙のさまざまなことが解明されてくるにつれ
    ロマンが減ってしまうようで寂しい気もしますね。

    台湾や中国本土では
    旧正月に「ランタン・フェスティバル」を行うようですが
    シンガポール、香港は中秋節に行うので
    今、チャイナタウンのあたりは、色とりどりのランタンが飾られていて
    とても幻想的ですよ。






    > お月見の風習も日本では薄らいできてますね。
    >
    > うちの奥さん、中国から来てるので最初の頃、仲秋の名月が近付くと
    > 月餅(ゲツビン)を作ると張り切ってたんですが、
    > 最近では言わなくなりました。
    >
    > 日本の衛星カグヤが月の周りをほとんど調べてしまっては 
    > ウサギが餅つきしてるとは信じ難くなりましたからね。
    >
    > 多民族でも伝統の風習を守り、人間味のあるシンガポールを
    > ますます感じさせてくれる記事で、大変興味深く読ませてもらいました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。