スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノ発表会?女の子の衣装選びのポイント?

2009年07月04日 17:31

知人のローカルのピアノの先生から、生徒さんの発表会を開催なさると伺い
お招きを受けて、行ってきました。


1st+july+2009+015_convert_20090704154434[1]


場所は City Hallに近いWaterloo Streetにある
YMS  Centre Auditorium。


発表会の会場選びはパーティーとは異なるので
雰囲気を優先するよりもまず先に
ホール内での音の響き方や楽器の状態が命


その点、こちらはキャパシティもちょうど良く
音響やピアノのコンディションの良さに加え、アクセスも便利なので
音に厳しい日本人の先生方も発表会の会場としてよく利用されています。


この日の発表会も、先生の丁寧なご指導がしのばれる
大変素晴らしいコンサートでした。
曲目選びに趣向を凝らされていて「となりのトトロ」の連弾などもありましたよ




                    



今日は、発表会における女の子の衣装選びのポイントについて
お話してみようと思います。


衣装を選ぶ場合、基本的には、お子様の希望を最優先してあげて下さい

お気に入りのお洋服に身を包んで、みんなの前で演奏をする・・・
それだけで楽しい気持ちになるのは、大人も一緒ですよね


その上で、最適なのは


袖口がゆったりとしたお洋服

腕を前に出したときにきつくないよう、余裕のあるデザインを選んで下さい。

キャミソールは大変可愛いのですが
肩のストラップが気になって、演奏の妨げになります
エアコンで冷えることも考慮すると、避けた方が無難ですね。



スカートはゆったりめのフレアーのものを

イスに座ったとき、タイトなデザインですと上に上がってしまいます。
会場によっては音響効果を高めるため、すり鉢状のデザインになっています
(日本人会ホールなど)ので、ペダルを踏むような曲の時は特にスカートの長さに配慮が必要ですね。


生地に張りのある素材で華やかさを

近くで見てとても素敵なお洋服も、ステージでライトを浴びた状態で映えるとは限りません。


せっかくの晴れ舞台ですから、舞台映えのする衣裳を選びましょう。


・・・といっても、一回袖を通しただけでタンスのこやしになってしまいそうなお洋服は
勿体ないですので
素材や色で工夫してみましょう



例えば・・・



シフォンなど透ける素材を使ったものや
パール素材のものは、ライトに当たると華やかさが増して素敵です。

また、ビロードなどの厚手素材も質感に高級感がありますので
発表会向きですね。


sikokukakkousou_top_20090508004102.jpg

また、衣装とともに、気を配りたいのが靴選びです。


小学校低学年ぐらいまでのお子さんは
定番デザインの甲にストラップのついた靴が歩きやすく、脱げにくい上
フォーマル感を演出しますので、お勧めです。


もう少し上の年齢になってくると、好みも出てきますが
歩くとき、音がしてしまいますのでミュールは避けましょう


これは発表会に限らず、コンサート会場においての
マナーの1つですので、覚えておきたいですね


また

厚底の靴やブーツは、ペダルを踏む感覚を失いますので
不向きです。



ヒールのあまりない、歩きやすい靴を選んだら
発表会前に靴を履いて練習をして、感覚に慣れておくことが大切ですよ。


おまけ


たいていステージでは
客席には、顔の右側が向くようにピアノが配置されています


演奏中は下を向きますので、髪の毛でお顔は隠れがち・・・


集中力を高めると同時に、せっかくのシャッターチャンスを生かすためにも

ピンを使ったり、髪を編みこんだりして
お顔周りをすっきりさせるといいですね



その際
頭が痛くなったり、下を向いたときずれてしまいがちな
カチューシャは避けた方が無難ですよ





次回は、発表会にお呼ばれした際に気をつけたいマナーなどについて
お話しますね




=fairy wish=noriko


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。