スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wish?ピアノコンサート

2009年03月01日 00:19

昨日はnorikoと、norikoが教えている生徒さんたちによる
ピアノコンサートへ出かけてきました。



プログラムは・・・

 生徒さんによる演奏

 日本からのspecial guest、山下有美子さんと とnorikoによる連弾

 norikoの即興演奏
    (生徒さんから好きな音をいくつか聞き、その音で作曲・演奏)

 生徒さんと会場のみなさんで「まあるいいのち」を歌う


243.jpg



音楽とは縁のない環境で育った私には、ピアノの発表会は初めてです。 
特に楽器のことはまったくわかりません。


聞いていて感じたのは、同じピアノなのに弾き手によって
音が全く違うことです。
元気に弾けるような音、優しい音、きれいな音・・・


そして、間違えないように慎重に弾いていたり、とても緊張していたり・・・
楽しんで弾いている様子など、感情まで伝わってきます。


正直、ここまで音が違うとは思ってもみませんでした。
でも、どの音も心地よく心の中で「ガンバレ!」と応援


たった一人で舞台での演奏は緊張することでしょう・・・
わが子となればなおさら、感情も手に取るようにわかるだろうな・・・
親御さんのほうが緊張しないかしら?!と思ったり・・・


232_20090224002937.jpg


ピアノを弾く人から「感情が乱れているときは、ピアノにさわれない」
と聞いたことがあったのですが納得です。
音楽に疎い私でさえ思いを感じるくらいですから・・・


大人になると、場慣れしてしまうのか
「笑ってごまかしちゃおう」とか「一時の恥さえガマンすれば」なんて
いざとなれば開き直ることも出来てしまいます。
そもそも緊張する機会もぐっと減りますよね。


でも子供たちにはその選択肢がないので
一生懸命ベストを尽くそうとします。
そのひたむきな思いが伝わるのか、心動かされるものがありましたよ


懐かしい緊張感と一生懸命な気持ち・・・
そんな元気をもらえたコンサートでした



fairy wish = melon =




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fairysingapore.blog8.fc2.com/tb.php/117-39911a23
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。