スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラッカよりサンダルが届きました。

2009年02月19日 23:55

先日マラッカでオーダーしていた
ニョニャビーズの手作りサンダルが届きました

インパクトのある色づかいは
装いに、いつもと違ったスパイスを与えてくれそうです。


メイン通りには、サンダル屋さんが何軒かありますので
訪れることがあったら是非
お好みのお店を探してみてくださいね


Blue+Ribbon+003_convert_20090214001721[1]


実はこれ・・・
夫からの今年のバレンタインデープレゼントなのですが


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


最近では、あまり気にしない人が多いとはいえ
信心深いシンガポールの中華系カップル同士では
靴を贈り物に選ぶことを
避ける傾向にあると聞きます。


新しい靴を履いて遠くへ行ってしまう→別れをイメージする
からだそうです。

同じように、避けた方が良い
贈り物の言い伝えはいくつかあります。


置時計→人生の終わりへの時を刻む

ハンカチーフ→悲しみの涙を連想する

などなど・・・


色に関しても、中華系の方に
お祝ごとでブルーはタブーなのは
よく知られていますよね。


人種のるつぼ、シンガポール

さまざまな文化を持つ人たちが
共存して暮らしています。

もちろん考え方もいろいろ

新しいことを発見するたび
新鮮な驚きを感じます


同時に・・・
知らずにいて失礼のないように
気を引き締めなきゃ、と
改めて思う良い機会だとも感じます。


さて・・・

新しいサンダルは
どんな素敵な世界へと
いざなってくれるのでしょうか・・・


まるで羽が生えたかのように
足取りも軽く弾みそう・・・



カラフルなビーズの色づかいを見ていると
楽しい想像は果てしなく、どんどん広がってゆきます


=fairy wish= noriko




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。