スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタルピアノの世界へ 2

2009年02月16日 08:00

今日は、デジタルピアノの
代表的な機能のひとつを御紹介しますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


気分を変えて
たまには、違った雰囲気で演奏してみたい・・・

そんな要望に応えてくれる
頼もしい味方が

REVERBです

簡単に言うと、音をデジタル加工することによって

さまざまな空間の広がりを表現します

通常、デジタルピアノの電源を入れた状態では
標準設定で、部屋で弾いている時の残響音になっていますが


たとえば、HALLに設定すると
大きなホールで弾いているような臨場感を味わえます

お風呂で歌っている時のような
気持ち良さ・・・をイメージしていただくと
わかりやすいと思います。

リバーブ効果によって
大変リラックスした心理状態にいざなう
特別な音の波形を生みだすことがあります。


F¹のゆらぎと呼ばれるものです。


先ごろ行われた
アメリカ合衆国オバマ大統領の
19分の就任演説スピーチの数か所では
驚くべきことにF¹のゆらぎが確認されたのだとか



その一か所は、特に強調して伝えたかったと思われる
We all free
部分なのだそうです。



人々の心を打つスピーチには
こんな音響学的根拠もあったのですね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


次回は、このF¹のゆらぎについて
もう少し詳しくお話します。

では最後に、幻想的なろうそくの炎とともに
F¹のゆらぎを多く含んだ、美しいオルゴールの音をどうぞ♪

坂本 龍一の「戦場のメリークリスマス」です。



みなさまどうぞ良い一週間を

=fairy wish= noriko


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://fairysingapore.blog8.fc2.com/tb.php/103-a4cf878d
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。