スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

81歳の友人、勢子さんは戦後初めてシンガポールの地を踏んだ日本人

2011年06月27日 08:25

こんにちは。


シンガポールは、今日も朝から「攻め」の日差しが降り注いでいます


ちょうど先週末、夫婦で長年仲良くしているシンガポール人ご夫妻が
念願の北海道旅行へと出発したのですが
私達も先月は、まだ寒さの残る知床、釧路などを巡っていたんだわ・・・と思うと
感慨深いです。

たった一か月前のことなのに、遠い日の記憶のような・・・
不思議ですね。


shiretoko2011+071_convert_20110626222604[1]



日本の友人の情報によると
まだまだ、北海道、北陸、東北のあたりは
朝晩は冷え込み、肌寒い日が多いと聞きます。


一方で、関東地方は、暑さが厳しいようですね。


           


シンガポールも、とても小さな国ながら
地域によって、お天気が全く異なる時があります。



すべてトンネルの高速道路(TPE)を通って約10分のドライブ。

トンネルを抜けると、そこは土砂降りだったという経験が何度かありますよ



さて、そろそろ本題へ・・・




今日は、私の大切な友人の一人、勢子さんを
ご紹介させてください





photo_2.jpg



偶然に導かれて・・・なんて言うと
メルヘン過剰な表現なんですが(笑)


出会ったのは数年前。とてもハイカラなおばあちゃま
とにかく好奇心旺盛で、若い人と交わることが大好きという印象だったのですが


お話を伺ううちに、勢子さんが「ミセス陳」ということが判明し
本当にびっくり


・・・というのも、この本は、10年以上前に出版されたのですが
当時、結婚したばかりの私にとって
まさにバイブルともいえる大切な宝物だったので



先日、どうしていらっしゃるかな・・・?と思い
お電話しました。

とてもお元気そう
近況を、あれこれ話して下さいました。


最後に


「のりこちゃ~ん、遊びにいらっしゃいねぇ。ご飯食べに来てちょうだい。
今、ばたばたしてるから、8月になったらね。 来週から地中海クルーズに行くの。」


え・・・?
確か、去年も、その前も
地中海クルーズに行っているはず・・・・・・・


もう、スケールが違いますね



       


勢子さんの生きてきた道を一人で伺っているのは
大変もったいないと、いつも思うのです。



今後、折りを見て
このブログで、ご紹介させていただきますね。


楽しみにしていて下さい



最後に、著書「ミセス陳とよばれて」の説明を少し。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝鮮半島で生まれた筆者は、敗戦の混乱のなかを日本に引き揚げてくる。
父はむこうで船舶の商売をしていたが、敗戦とともにすべてを失い、身ひとつの帰国であった。

OLとして働きに出る彼女。そして、やがて夫となる華僑の青年と出会う。
ふたりは恋に落ち、勢子は親戚中の反対を押し切って、シンガポールへ嫁ぐことにする。

日本人であることが明らかになれば何が起こるかわからない1950年代のシンガポール。
彼女は日本人であることを隠し、大陸生まれの儀文と名前を変える必要があった。


纏足をしていた古いタイプの華僑の姑との関係や
中国語と英語の狭間で揺れるシンガポールの教育問題
病との闘い、そしてもちろん日本人による虐殺の傷跡
マレーシアからの独立運動など

戦後シンガポールの土を踏んだ最初の日本人である著者が見た、シンガポールの半世紀


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




今週末は、もう7月
はやいですね。


どうぞ、素敵な1週間をお過ごし下さい



noriko
スポンサーサイト

違ってる・・・だから面白いね!

2011年06月24日 12:25

こんにちは


シンガポールは、相変わらずの強い日差しの日々ですが
日本でも、各地で急に暑さが増しているようですね。


体調を崩している方もあると聞きます。
どうぞ無理せずに、お過ごし下さいね


さて、今日は
気ままなひとりごと・・・・・・です


お話の前にまず
こちらのお写真から。


陌ケ+004_convert_20100913113120[1]


3年ほど前に、家の窓から見た雨上がりの虹です


ちょうど、自分の中の記念日の一つだったこともあって
とても感動したことを、今でもよく覚えてます。



             


ピアノのレッスンで、出会う子供たちは
年齢も性格も、ほ~んとにバラエティに富んでいて
それはもう、さまざま。


同じくらいの年齢、性別でも
興味の対象も違えば、理解の仕方や方向もまちまち。


これが正しい!  普通はこう!  みんなはこう! そういうことって
芸術の世界には存在しない



基本はがっちりと固めて、軌道を確保したうえで導いていくのは、指導者の役目だけれど
すべてを枠にはめてしまったら、自由に伸びていく可能性を阻んでしまう


でも時に、枠にはめてもらうことを求める、それで安心したい親御さんもいらっしゃいます。
存在しない、幻の正解を探している、そんな感じ。


分かります。その気持ち・・・・・・・・だけど・・・


大丈夫!  自由に表現することを怖がらないで!


音楽という芸術のそばにいることを誇りに思って!


と、改めて思います。


普段の生活だって、きっと同じこと。


誰も、誰かをジャッジしたりできない


私は、音楽を通じて、そんなことを学ぶチャンスをもらっているように思います。
これって、とても幸せなことです☆



              



さて、お話はこれくらいにして・・・



最後は、私の好きなチャイニーズポップの中から1曲



あ・・・・・



お願いがあります



ジャッジしないでね  笑







noriko

ご無沙汰しておりました。ブログ再開します!~夜明けの訪れ~

2011年06月22日 14:25

こんにちは。


ずっとずっと長い間
ブログをそのままにしておりました。


仕事に専念、といえば聞こえはいいのですが
その間、さまざまなことを通じて
私の中での新しい気付きや目覚めがありました。

再び、心機一転
そんな思いも織り交ぜながら
更新を再開したいと思います。


とはいえ
元来の気まぐれが時に頭をもたげることもあるかと思いますが
その辺りは、アーティストゆえの気質として
・・・・・・どうぞお手柔らかに・・・・・(ナイス自己フォロー)


・・・・・・・と、ご挨拶はこの辺にして




最初にまず、こちらの景色から。



shiretoko2011+109_convert_20110622121326[1]


まるで絵葉書のようでしょう?

5月に一時帰国した際に訪れた、春の道東オンネトーという湖。


私は、ここで
さまざまなパワーを得て、より強靭な自分になって
帰ってきました



そうすると、面白いもので
いろいろなことが急激に変化して
まるで、もうひとつの目が開かれたようになって
さまざまなことが、クリアになったんです!


自然の力って、本当にすごい


もし、このブログを見て下さっている方の誰かが
自分でどうしようもない「何か」を抱えているとしたら
ぜひ、ここを訪れてみてと声を大にしてお伝えします!
それがきっと、大きければ大きいほど
自然は、より大きく深いことを与えてくれるはず。


例えば
健康な人が、栄養剤を飲むのと、体調を崩した人が飲むのとの違い、みたいな
感じかな・・・?
私に関して言えば、両親が2度と会えない場所に行ったことがあったから・・・・・ね


野生のシカもいっぱい!
こんな間近で会えるんですよ。


価値観、一瞬で変わります。


shiretoko2011+070_convert_20110622123029[1]


・・・・・と、言葉はこれくらいにして。


やはり、音楽をしている私としては
久しぶりの記事アップのラストは
音楽でGOー♪





今後とも
どうぞ、よろしくお願いします


o0500037511108240339.jpg



♪fairy wish noriko♪


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。